博多駅いまむかし

博多駅。

言わずと知れた九州の玄関口であり、その乗降者数は九州最多を誇ります。

慣れ親しんだ地元民には違和感のないこの「博多駅」という名称ですが、県外の方からは「なぜ福岡駅ではないの?」と疑問を持たれることもしばしば。

福岡市だから福岡駅…考えてみればその方が自然かも…?

なぜ福岡市の象徴とも言える駅が「博多駅」という名前になったのか、皆さんにこっそり教えます。

“博多駅いまむかし” の続きを読む

唐人町と当仁小学校、「とうじん」と「とうにん」、その違いを歴史から探る

福岡市営地下鉄の停車駅である「唐人町」。

「西学問所甘棠館」の最寄り駅でもありますね。

ところで、唐人町は「とうじんまち」と読みますが、西学問所甘棠館の近くにある当仁小学校は「とうにんしょうがっこう」ですよね。知らない人は、当仁という字を見ると普通は「とうじん」と読みますが、なぜこの小学校は「とうにん」と読むのでしょうか。そして、少し南に行ったところにある南当仁小学校は「みなみとうじんしょうがっこう」です。その違いを知るために、少し歴史をさかのぼって見てみましょう。 “唐人町と当仁小学校、「とうじん」と「とうにん」、その違いを歴史から探る” の続きを読む