STEP.4 費用・書類を用意 | お部屋探しマニュアル

お部屋探しの前に確認しておこう!

お部屋探しマニュアル

お部屋探しの際に必要となる費用・手続き、注意するべき点を順にまとめました。
これを参考に、アナタにピッタリの素敵なお部屋を探してくださいね!

STEP.4費用・書類を用意

気に入った物件が見つかったら契約に必要な書類・お金を準備しましょう。

  • 01.契約時に必要なもの

    • 事前に準備

      ・保証人

      ・住民票(入居者全員)

      ・収入を証明する書類

    • 当日持参するもの

      ・保証人

      ・住民票(入居者全員)

      ・収入を証明する書類

    • 契約時の必要費用

      ・敷金…賃料の4~5ヶ月分が一般的

      ・手数料…家賃の一カ月分が上限

      ・各種保険等

      ・前家賃…入居可能日から月末までの日割家賃と次の月の家賃

  • 02.賃貸契約に必要なお金を準備

    部屋が決まったら、不動産会社の担当者(宅地建物取引主任者)から重要事項の説明を受けましょう。内容はしっかりと理 解し、不明な点は質問をしましょう。納得したら、重要事項説明書をもらい、入居申込書に記入して提出する。この時に家賃一ヶ月程度の申込金を預けて後で敷金の一部に常套されます。入居審査に通過すれば契約が成立します。 契約に必要なお金は、敷金、仲介手数料、日割家賃、前払家賃、共益費などです。その他では、火災保険などの支払が必要な場合もあります。

  • 03.必要書類を揃えて、連帯保証人を立てよう

    契約には連帯保証人が必要です。何かあった時に借り主に代わって賃料を支払う能力のある人で、基本的には両親、親族で す。友人や上司、本人の同意があっても貸主より断られる場合が多いです。ただし、これは貸主によって違うので事前に確認しておきましょう。本人が用意する 書類は、住民票や免許所のコピーなど本人を証明できる書類です。保証人には印鑑証明、住民票等も用意してもらいましょう。 必要書類は入居審査前に必要な場合もあるので、担当者に確認しよう。

    入居申し込みから契約までの流れ