同棲にオススメの間取りって?同棲向け間取りを紹介

入籍するまでの短い間や、お互いを尊重し結婚を選ばないカップルなど同棲の理由はさまざま。なかには「ただ一緒にいたいから」という人もいると思います。

ちょっとワクワクする同棲ですが、よく考えずに部屋を借りてしまうとトラブルのもと。2人で住むのにはどんな間取やインテリアがいいか、考えてみましょう。

2人で住むのにワンルーム、1Kは狭すぎる

同棲カップルで時々見かけるのが、現在、一人暮らしの彼・彼女の家にどちらかが荷物だけ持ってお引越しするというパターン。

でも一人暮らし用の部屋の多くは、ワンルームか1K、2人で住むのには狭すぎます。2人分の荷物、テーブルにベッドを置くと、間取りいっぱいになってしまう可能性も。自分の時間がない、密着しすぎているという理由から息苦しくなり徐々に険悪に…ということになりかねません。

上手に生活しているカップルの多くは、2人で生活すると決めてから部屋を探している、というデータもあります。その際、多くのカップルが選ぶのが1LDKから2LDKの間取りのお部屋。なぜこの間取りが人気なのでしょうか?

1LDKと2LDK どんなカップルに合ってるの?

同棲カップルに人気の1LDKと2LDKですが、どんな暮らし方をするかによって選び方も変わってきます。ライフスタイルに合わせて、自分たちにぴったりの間取りを見つけましょう。

【お互いに一息つく場所が欲しいなら1LDK】
リビングと別に寝室が確保できる1LDKは、できればずっと一緒がいいけど、たまには1人の時間も必要というカップルにオススメ。どちらかの帰宅が遅くなった時でもパートナーを起こす心配がない、ケンカした時にもそれぞれ別に場所がある、というのはいいことですね。

 

【独立した時間を持ちたいカップルには2LDK】
リビング以外に2部屋がある2LDKは、好きな人との時間と別に自分の時間を確保したいカップルにオススメです。また、荷物が多く、物を置くスペースが欲しいという場合にも。1部屋を寝室、もう1部屋を書斎にしたり、ルームシェア感覚でそれぞれの寝室にしたりという方法が考えられます。

同棲カップルが暮らすためのインテリアを考えてみよう

まず、必要なものから確認してみましょう。2人で食事をとるためのダイニングテーブルと椅子、テレビとテレビ台、寝室に置くベッドは多くのカップルが「最低限必要なもの」としてあげています。もしリビングが広いようならソファーも置けるかもしれません。備え付けの収納が少ない場合は、食器棚やクローゼットなども必要になります。間取りをしっかり確認して、何が必要かを把握しましょう。

新しく家具を一通り揃えるなら、購入前にどんな部屋にしたいか、2人でテーマを決めておくとよいでしょう。例えば、北欧風、ナチュラル、シンプル、最近ではブルックリンテイストも注目を集めています。おおまかなところが決まったら、カーテンなどの細かなことも決まりやすくなりますね。
そして、同棲カップルのインテリアのなかで、特に厳選して欲しいのがベッド。大きさ、硬さ、色、それから枕の形など意外に2人の好みも異なってくるはず。2人の時間だけでなく、休息をとるための大切なインテリアなのでよく話し合いましょう。実際に2人で家具屋さんに足を運んでみるなど、よりよいベッドを見つけてくださいね。

同棲カップルに人気の間取りと、インテリアの選び方について紹介しました。楽しくて濃密な時間を過ごせる同棲生活は、お互いのことをもっと知るチャンスでもあります。話し合ったり、一緒に買い物に行ったりして、より距離が縮まる同棲生活を目指しましょう!

物件の検索はこちらから