新婚さんの生活費、どれぐらいかかる?どう分担する?

幸せの真っ只中でスタートする新婚生活。けれど、生活するうえで避けて通れないのが「お金」の問題です。2人での暮らしには生活費がどれぐらいかかるのか?平均は?など金額の問題や、2人でどのように分担・管理するかを実際のデータからご紹介します!

新婚生活、毎月トータルでいくらぐらいかかる?

これまでそれぞれが一人暮らし、あるいは実家暮らしで、ある程度自由きままにお金を使ってきたという新婚さんも多いのではないでしょうか?家計の管理やマネープランについても、意識したことはなかったかもしれませんね。

結婚して「家族」となると、お金についても、考え方や価値観を2人で合わせていく必要がでてきます。また、夫婦2人のあいだは余裕があっても、いずれ子どもを持って家族が増えることを考えると、新婚のうちからしっかりお金について考えておくことはとても大切です。

まず、基本的なデータとして、トータルでどれぐらいの生活費がかかるのかをざっくりと押さえておきましょう。

新婚生活で1ヶ月間に必要な生活費の平均は「22.0万円」。費用別に見ると「15~20万円未満」が24%、「20~25万円未満」が34%、「25~30万円未満」が17%程度となっています。(「ゼクシィ新生活準備調査2016」調べ)

想像より多かったでしょうか?少なかったでしょうか?地域によって家賃なども異なるため一概には言えませんが、全国的な平均がこれぐらいの金額だと知っておくと、イメージが湧きやすくなりますね。

どんな費用がかかる?生活費の内訳は?

それでは、生活費にはどんな費用がかかるのでしょうか?その内訳を見ていきましょう。

<主な費用の項目>
・住居費
・食費
・光熱水道・通信費
・交際費
・趣味・レジャー費
・日用品
・医療費

費用のうち、特に大きな割合を占める上に必ずかかってくるのが「住居費」「食費」「光熱水道・通信費」です。それぞれの平均額は以下の通りです。

・住居費
全国平均は7.9万円です。賃貸の家賃や住宅ローン返済費用を含みます。地域差が大きい項目です。

・食費
全国平均は4.1万円です。共働きで忙しい夫婦では外食が増えるため、食費が高くなりがちです。平均値と照らし合わせて多いか少ないかチェックしてみましょう。

・光熱水道・通信費
全国平均は2.2万円です。電気代やガス代、水道代のほか、インターネット接続や携帯電話にかかる費用もいれると、ある程度まとまった金額になります。

また、生活費の大小を大きく左右するのが「趣味・レジャー費」です。平均は2.6万円となっています。ここは意外と夫婦間で揉めやすいところ。上限を決めるなど話し合っておくといいですね。

ちなみに、生活費とは別に意外と大きな割合を占めるのが「保険料」です。生命保険や自動車保険など、結婚を機に新たに保険に入ることを検討している人も多いはず。こちらも忘れずに毎月かかる費用として認識しておいてくださいね。

2人でどうやって分担する?どう管理する?

このような生活費、2人でどのように分担・管理していくのがよいのでしょうか?代表的な3つをご紹介しておきましょう。

<パターン1:1人の収入で生活費をまかなう>
1つ目は、夫または妻の収入のみで生活費をまかなうパターンです。妻が専業主婦の場合は自ずとこのパターンになりますし、共働きの場合でも、どちらか1人の収入は全額貯蓄に回すというケースもあります。

夫1人の収入で生活費をまかなう場合、
・夫が妻に給与を全額渡して、そこから夫がお小遣いをもらう
・夫が妻に生活に必要な金額を渡して、残りは夫が自分で管理する
という方法があります。

<パターン2:2人の収入から項目別に負担する>
2つ目は、「家賃や食費は夫の収入から」「レジャー費は妻の収入から」といったように、項目別に負担を決めておくパターンです。共働きで収入に差がある場合でも、項目を考慮することで負担なく生活費を分担することができます。

ただし「結婚前からの習慣で、なんとなくいつのまにかこのような分担になっていた」ということで、のちのち不満がでてくることがあるのもこのパターン。結婚を機にしっかり話し合って分担を決めなおしたり、子どもができて妻が働けなくなったときどのようにするかを考えておくことが必要です。

<パターン3:2人の収入から同額を1つの口座に入れる>
3つ目は、2人の収入から同額を1つの口座に毎月入れて、そこから生活費をまかない、手元に残った分はそれぞれ自由に使えるという方法です。共働きで2人ともある程度の収入がある場合は、このパターンで上手くいっている夫婦も増えています。

パターン2同様、出産などで妻の収入が減ってしまう場合や、逆に夫の収入が減る場合にどのように対応するかも、あらかじめ考えておくとよいでしょう。

新婚のときにどのパターンを選んだとしても、人生のなかではいろいろな変化が訪れるものです。いったん決めたからといってかたくなにならず、柔軟に変化させていけるといいですね。

子どもが生まれ、成長していくと、次第に貯蓄も難しくなってきます。余裕のある新婚さんのうちに、2人でしっかり認識を合わせて将来のマネープランを考えておくといいですね。そのためにも、まずは毎月の生活費から、きちんと把握していきましょう!

 

物件の検索はこちらから