置く?置かない?一人暮らしとソファの微妙な関係

おしゃれなインテリアには素敵なソファが欠かせないですよね。でも現実はお部屋の広さには限りがあるし、ほかに必要な家具もある・・・。悩ましいところです。そこで今日は一人暮らしとソファの関係を徹底検証しました。ソファの配置やサイズなどの参考にもなりますよ!

ソファーのメリット・デメリットを考察してみよう!

記事をご覧になっている人はおそらくソファを置きたい人ですよね。ですから「そもそもソファが必要なのか?」というのは愚問かもしれません。しかしあえてここでもう一度だけ考えてみましょう。まずはソファのメリットとデメリットについて考えてみます。

【メリット】インテリア性・リラックスできる・ベッドの代わりになることもある
【デメリット】場所をとる・だらだらしがち

こうしてみるとメリットが多いように感じますね。ソファはお部屋のインテリアを印象付けやすく、素敵なお部屋にしたいならぜひ欲しい家具です。さらに疲れて帰宅したとき、座り心地のよいソファでリラックスできるのもよいですね。ソファの形によっては来客時の簡易ベッドとしても使えそうです。しかし、デメリットである「場所をとる」が一番の問題。他のメリットがかすんでしまうほどの難問であることは確かです。部屋が狭くなるほかにも窓や収納などの付帯設備が使いづらくなるケースも出てきそうです。

部屋の広さとソファの配置を考えよう!

ソファを置けるのであれば形を決めていきましょう。まずはコンパクトさが人気の一人掛けソファ。おしゃれな形も多くインテリア性にも優れています。寝転がれないのと座る姿勢が限られ、リラックス度が低いのが難点。読書をするときなどには最適です。次に、座椅子タイプのローソファ。ふかふかと柔らかく、リクライニングも可能でフラットになるのが特長。友だちが泊まりに来ても簡易ベッドとして利用ができそうですね。ただし場所をとるのとロータイプのため立ち座りがしにくいのが難点です。そして定番のひじ掛け付きのカウチソファ。色も素材も豊富で選択肢が多く、ちょっとしたゴロ寝も気持ちよいソファですが、やはり難点は大きさです。ひじ掛けはゴロ寝の際の枕代わりにもなりますが、横から座る動作ができないので、スペースもある程度確保しなければなりません。ひじ掛けなしタイプならソファ横からでもさっと座れるので、スペースに不安がある人はこちらを選ぶのがおすすめです。

自分に合ったソファを選ぼう、ソファの形とできること

ソファを置けるのであれば形を決めていきましょう。まずはコンパクトさが人気の一人掛けソファ。おしゃれな形も多くインテリア性にも優れています。寝転がれないのと座る姿勢が限られ、リラックス度が低いのが難点。読書をするときなどには最適です。次に、座椅子タイプのローソファ。ふかふかと柔らかく、リクライニングも可能でフラットになるのが特長。友だちが泊まりに来ても簡易ベッドとして利用ができそうですね。ただし場所をとるのとロータイプのため立ち座りがしにくいのが難点です。そして定番のひじ掛け付きのカウチソファ。色も素材も豊富で選択肢が多く、ちょっとしたゴロ寝も気持ちよいソファですが、やはり難点は大きさです。ひじ掛けはゴロ寝の際の枕代わりにもなりますが、横から座る動作ができないので、スペースもある程度確保しなければなりません。ひじ掛けなしタイプならソファ横からでもさっと座れるので、スペースに不安がある人はこちらを選ぶのがおすすめです。

一人暮らしのソファは「あったらいいな」のゆとりの家具。まずは必要な家具の配置を考え、そのうえでソファが置けるのかを検討してからお部屋に合ったソファを購入するといいですね。

物件の検索はこちらから