いざというときに備えて!賃貸管理会社について知っておこう

アパートやマンションの部屋を借りて住んでいるとき、何かのトラブルに会わないとは限りません。そんなとき、相談にのってくれるのが、その物件の「賃貸管理会社」。

いざというときのために、賃貸管理会社の連絡先の調べ方や、トラブルがあった場合にどのように相談すればいいかなど、賃貸管理会社との付き合い方について詳しくご紹介します!

賃貸管理会社って何をしてるの?

賃貸物件には必ずオーナー(大家さん)がいます。オーナーの代わりに、物件の管理を請け負うのが賃貸管理会社です。

賃貸管理会社が行う物件の管理には、大きくわけて、
1.入居者の対応
2.建物の維持管理
の2つがあります。

<1.入居者の対応>

家賃の出納や督促、トラブルやクレームがあった場合の対応などを行います。

<2.建物の維持管理>

廊下やエレベーター、エントランス、ゴミ捨て場など共用部分の掃除や点検、排水や給湯設備などの点検や故障対応などを行います。

入居者は、家賃以外に共益費や管理費といった費用をオーナーに支払いますが、このお金は共用部分の管理のために主に使われます。

 

賃貸管理会社の連絡先を調べるには?

賃貸管理会社に確認したいことや相談したいことがあるのに、連絡先がわからない場合、以下のような方法で調べることができます。

・入居時にもらった契約書類等に記載がないか確認する
・建物の共有スペースや玄関に連絡先の書かれたシールなどが貼られていないか確認する

この2つの方法のどちらかで連絡先が判明しないときは、入居時にお世話になった不動産会社またはオーナーに確認するとよいでしょう。

 

住まいのトラブル発生!そんなときどう相談する?

賃貸物件でのトラブルには、主に以下のようなものがあります。

・設備の故障や不具合
・水漏れ
・ゴミの管理
・騒音
・入居者の迷惑行為

それぞれどのように賃貸管理会社に相談するのがよいのでしょうか?

<設備の故障や不具合>

設備の故障や不具合は、共有スペースと部屋内のどちらで発生しているかによって対応が異なります。エントランスや廊下、エレベーターなど共有スペースでの設備の故障や不具合は、普段から見回りや点検・清掃を管理会社が行っている場合も多く、賃貸管理会社に連絡すればたいていは対応してもらえるでしょう。
部屋内については、「大きな修繕は管理会社で、それ以外は入居者が負担する」という契約になっていることが多く、内容によっては、管理会社に連絡しても「入居者のほうで直してください」と言われることもあります。備え付けのエアコンや給湯器などが故障した場合は、どのように対応するのがいいか、いったん管理会社に連絡して指示をあおぐのがよいでしょう。

<水漏れ>

経年劣化でパッキンが壊れている場合などの原因で起こる水漏れも設備の不具合のひとつです。水漏れしている場所や、どんなときに漏れているのか(ずっと漏れ続けているのか・水道利用時だけかなど)を確認して、賃貸管理会社に相談しましょう。

<ゴミの管理>

ゴミ捨ての曜日を守らない・分別を行わないなど、ゴミの管理に関するトラブルも起こりがちです。管理会社に相談すると、マナーを守るよう張り紙をしたり、チラシを配布するなどの対策を行ってくれるはず。どのような状況になっているか・どんなことで困っているかを伝えましょう。

<騒音>

他の入居者が深夜まで騒いでいて眠れないなどの騒音問題も、比較的よくあるトラブルのひとつ。頻繁に騒音が発生している場合、自分で注意しにいくよりも、まず、賃貸管理会社に相談して、あいだに入ってもらうのがベスト。よりトラブルになりにくい方法で解決してくれるはずです。

騒音以外の入居者の迷惑行為についても同様に、直接話をするよりも、まずは管理会社に相談してみるのがよいでしょう。

 

普段はあまり意識することがないけれど、いざというときに頼りになる賃貸管理会社。「連絡先も知らない」と言う方は、一度調べて、すぐに電話できるようにしておくと安心ですね。

物件の検索はこちらから