最近よく耳にするVRって何?

近年よく聞くようになってきたVRという言葉。ここではVRに関してのご説明と不動産会社目線でのVRや動画などの内見方法をタイプ別にご紹介します。お部屋探しの検索サイトなどでも見かける機会があるはずですので、是非試してみてください。

VRとは??

Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の略語です。
コンピューターの技術を利用して仮想空間を現実のように感じさせる技術です。まるで映像の中に入り込んだように感じさせることです。
「仮想現実」と訳されます。
似たような言葉でARというものがあります。Augmented Realityの略語です。
ARはVRと違い、現実の風景などに映像を重ねることを言います。ニンテンドウのキャラクターを使い、日本中で話題になったスマートホン用アプリなどがAR技術を利用しています。
「拡張現実」と訳されます。

賃貸物件の最新の内見スタイル

「遠方からの転勤で現地に行き内見する日程がとれない…」
「たくさん物件を内見したいが時間がない…」
上記のような理由で、内見したくてもできないケースも多々あります。今までは不動産会社へ問い合わせをして内見物件の選定を行い実際に見るという流れでしたが、実際に内見してみるとイメージと違うことや、間取に記載がある広さより狭く感じるという経験がある方も多いと思います。
近年では不動産検索のホームページで、動画やVRのような技術を利用することができるようなっています。

動画

インターネットに掲載されている物件のお部屋を動画で撮影したものが見れます。
単身物件などは部屋数が少ない為、動画の再生時間の長さがあまり気になりませんのでオススメです。ファミリータイプの部屋数が多い物件などは動画の再生時間が長くなるので、「洗面所だけが見たい」「リビングの広さだけが見たい」など、特定の場所だけを内覧したい方は室内写真をご覧いただくことをオススメします。

VR(360℃パノラマカメラ)

パノラマ写真とは、風景を高い位置から見たような感じを与えることができる写真です。
身近に使われているものとしては、googlemapのストリートビュー機能のようなものです。
不動産会社では、室内の数か所を360℃撮影できるカメラで撮影し、内見した場所だけをみることができます。

VR(最新のVRカメラ)

第2回スマドリクイズキャンペーンではこのお部屋が問題として出題されています。

パソコンやスマートフォンなどでも上記のように、360℃のカメラで部屋を確認できて、自分の見たい部屋などを自由に閲覧することができます。動画のように見たい場所に行くまでの再生時間を待ったり、パノラマのように数部屋しか見れないということもなく快適にバーチャル内見が可能です。
環境があれば、自分の動きに合わせてVR画面も動くので、実際にお部屋の中にいるような体験もできます。部屋を移動する際は視線を合わせると次の部屋に移動するので、より現実に近い内見ができます。

 

VRで実際に内見せずに物件を選定できたり、ARで内見した部屋にバーチャル家具を置いたり、これから不動産会社における内見スタイルが進化してくるかもしれませんね!
是非この機会にVRを体験してみてください。

物件の検索はこちらから