実在する難しい表記の間取りを見てみよう!

おもしろい間取りやかわった間取りをインターネットで検索する人が多くいます。検索結果には実際存在しない間取りもありますが、ここでは実際に福岡にある「ん?」と思う間取りを集めてみました。

複雑な間取りを見てみよう!

 

間取りのアルファベット表記がある程度理解できたところで、実際に福岡市内に存在するお部屋の間取りを見ていきましょう。

納?

1LDKのような感じですが、『納』は納戸(サービスルーム)の表記です。
S表記の説明にもありましたが、採光がとれていないことで納戸表記になっています。
このお部屋の間取り表記は『1SK』です。

難しい…。メゾネットタイプの間取り

こちらは福岡市博多区に実際にある間取りです。鉄筋コンクリート造の最上階だけ特別仕様で作られたお部屋です。
バルコニーもたくさんあるし、ウォークインクローゼットもあるし、ロフトもあるし…。
難しいように見えますが、こちらのお部屋の間取り表記は『1LDK』です。

※上の写真は1Fから2Fへの螺旋階段です。

 

部屋数が多い間取り

福岡市西区に実在する間取りです。賃貸マンションの1F部分にあり、大家さん自身が住む為に作ったお部屋です。
図には記載されていませんが、実は広さが120㎡もあります。
間取りの表記としては、『5LDK+S』です。

最上階にこの1部屋だけ

こちらは福岡市中央区にあるマンションの最上階のお部屋です。大家さんこだわりの間取りになっていて、6帖の和室は茶室として使えるように蛇口があります。洗濯物も室内・室外で干せるように、バルコニーの一部をインナーバルコニーとして使えるようにしています。
ちなみにこちらの間取りの表記は『5LDK+2S』です。
玄関開けてすぐの廊下部分が4帖ありますが、居室として利用できない為、間取りの表記には含みません。

え?これ賃貸物件?

福岡市中央区の最上階にある賃貸マンションです。
ほぼバルコニーですが、2世帯で住めるような設計になってますね。
間取りの表記に記載はのりませんが、トイレが4つもあります。
ちなみにこの間取りの表記は『8LLDDKK』です。
お掃除が大変そうな広さですね…

戸建だからできる間取り

こちらは福岡市郊外にある過去に賃貸で募集をしていた戸建です。
現在は賃貸に出ていない為、詳細は控えますが、圧巻の間取りですね。
まさに『豪邸』。
まるでクイズみたいですが、この間取りの表記は…

『6LDKK+3S』です。

お分かりになりましたか?
部屋数が合計6つ。
2F部分のLDKと1F部分にKで、LDKK。
納戸が3つあるので、3S。

実際に空室で募集中であれば、是非内覧してみたいものですね!